熟女デリヘル

ここ最近、アダルトビデオでも熟女モノが人気があると同時に、風俗店にも熟女専門の風俗店が大いに賑わっています。その中に、熟女専門のデリヘル店も人気の業種の一つとなっているのです。とはいえ、本当に熟女好きなら何の抵抗もなくお店を利用することができるのでしょうが、一回ぐらい経験でという感じのノリの人であればそう簡単に手を出しづらい業種の一つでもあるはずです。そもそも、熟女専門のデリヘルの主な年代というのは知っておきたいところだと思われます。もちろん、デリヘルを含め風俗店で熟女といわれたらどれくらいの年齢を想像するかは人それぞれ違ってくることでしょう。一般的に熟女といわれる中心的な年代は50~60代になるのですが、正直なところ風俗業界での熟女は40代から始まるとされています。なぜ世間とのズレがあるかというと、風俗嬢は10代や20代などの若い世代が一番多く需要も供給も多いため、そこから少し外れると年上のお姉さんになるからなのです。

 
ちょうど30代がお姉さん世代になってもちろんまだまだ若いため通常のデリヘルで働く女性が多いのですが、若い女性たちとは少し違う人妻デリヘル店で働き始める女性もいるのが現実になります。その上の40代は、お姉さんとおばさんのちょうど中間地点で若々しく見えても身体とも人間性も完全に熟しているということから熟女のカテゴリーに含まれてくるのです。そこで、熟女の魅力には年代や身体だけでなく、男性が安心するような包容力を持っていることになってきます。普段は大人として人を支えていく側の男性も熟女の前だけでは甘えられるというわけで、熟女デリヘルの初心者はこの40代を選ぶことが多いとされているのです。反対に、最高齢だと70代や80代もいますが、この年齢になってくれば完全に熟女マニアか玄人向けになるので初めは注意が必要になるかもしれません。ちなみに、若い女性とのプレイは内容も流れも分かりやすく、イチャイチャしてお互いに攻めあったり女性に攻めてもらう時間がちょっと長くなったりと、ちょっとした違いこそあれど普通のエッチの流れと同じになります。

 
熟女専門のデリヘルが一般的なデリヘルと違うのは、相手が熟女ということだけなのですが、その違いがプレイ内容の違いにも関係してくるのです。たとえば、「何でもしてくれる」や「年上だから恥ずかしくない」という言葉はよく耳にすることになるはずです。どうしても相手が自分と同年代の女性だと妙に恥ずかしく、本当にしたいプレイを好きなだけお願いするというのはためらわれます。ですが、それが熟女だととりあえず何でもお願いしてみることができたり、テクニックもあるから性的な満足度が高いというものなのです。これが熟女専門のデリヘルの人気が高い最大の理由になってくるのです。