鶯谷は熟女の聖地

熟女専門の風俗店は、今ではかなりの人気のある業種となっています。
一般的に、熟女と聞けば40代や50代といった年齢層を思い浮かべると思われます。
もちろん、40代や50代の風俗嬢というのが熟女専門の風俗店のベースとなってきます。
ですが、これ以上の60代の女性でも働ける風俗店も存在してくるのです。
60代や70代までいくと正直なところそこまでお店の数も減少されてきますが、東京の鶯谷まで行けばこれらの年代の女性と遊べる風俗店は多いとされています。
いわゆる、鶯谷は「熟女の聖地」ともいわれているのです。
ちなみに、80代の女性までもが在籍しているお店があるというのも嬉しい情報の一つでもあります。
しかも、それにプラス「豊満美熟女」と謳っているお店も多く、そして70代以上が多く働いているとなると超熟女好きのはたまらない場所ともいえるでしょう。
基本的に、「超熟女」とは一般的には50代以上をいうのですが、数年前は特殊な超熟女店に限られた60代以上が今は普通に熟女店に在籍しているのです。
そもそも、デリヘルの熟女店の定義が変わってきているということでもあるのです。
そして、鶯谷では50代以上が熟女となっているようで、料金の安さも熟女デリヘルの大きな魅力の一つともいえます。
60分1万円から遊べてプレイは超濃厚超過激、そして年齢が上がれば上がるほどプレイは濃厚となってきます。
女性の年齢は一切気にせず、普段は40代のソープ嬢と遊んでいるという人は熟女や超熟女デリヘルがオススメになるかもしれません。
次に、プレイ代が安いから割高に感じるのがホテル代であり、繁華街のヘルス激戦区で2000円以下のレンタルルーム代に慣れていると、鶯谷の最安で3000円が基本の価格となっています。
ちなみに、後500円出して3500円のホテルにすれば、さらにランクアップされた部屋が用意されるというのも鶯谷の大きな特徴でもあります。
そして、50代と比べた60代や70代の魅力とはスタイルのレベルの高さだと思われます。
スレンダーなり、豊満グラマーなりの特徴が際立ち、希少価値体型の宝庫ともいえるのです。
最後に、プレイ内容はその女性次第というのが本音のところになります。
痴女系でガンガン攻めてくるタイプもいれば、優しく洗ってくれてまったりプレイする女性もいます。
どちらかといえば後者のようなまったりと優しい系の女性の人気が高く、母子プレイ的なものに憧れが強い男性であれば確実に欲求は満たされてくるはずです。