admin のすべての投稿

鶯谷は熟女の聖地

熟女専門の風俗店は、今ではかなりの人気のある業種となっています。
一般的に、熟女と聞けば40代や50代といった年齢層を思い浮かべると思われます。
もちろん、40代や50代の風俗嬢というのが熟女専門の風俗店のベースとなってきます。
ですが、これ以上の60代の女性でも働ける風俗店も存在してくるのです。
60代や70代までいくと正直なところそこまでお店の数も減少されてきますが、東京の鶯谷まで行けばこれらの年代の女性と遊べる風俗店は多いとされています。
いわゆる、鶯谷は「熟女の聖地」ともいわれているのです。
ちなみに、80代の女性までもが在籍しているお店があるというのも嬉しい情報の一つでもあります。
しかも、それにプラス「豊満美熟女」と謳っているお店も多く、そして70代以上が多く働いているとなると超熟女好きのはたまらない場所ともいえるでしょう。
基本的に、「超熟女」とは一般的には50代以上をいうのですが、数年前は特殊な超熟女店に限られた60代以上が今は普通に熟女店に在籍しているのです。
そもそも、デリヘルの熟女店の定義が変わってきているということでもあるのです。
そして、鶯谷では50代以上が熟女となっているようで、料金の安さも熟女デリヘルの大きな魅力の一つともいえます。
60分1万円から遊べてプレイは超濃厚超過激、そして年齢が上がれば上がるほどプレイは濃厚となってきます。
女性の年齢は一切気にせず、普段は40代のソープ嬢と遊んでいるという人は熟女や超熟女デリヘルがオススメになるかもしれません。
次に、プレイ代が安いから割高に感じるのがホテル代であり、繁華街のヘルス激戦区で2000円以下のレンタルルーム代に慣れていると、鶯谷の最安で3000円が基本の価格となっています。
ちなみに、後500円出して3500円のホテルにすれば、さらにランクアップされた部屋が用意されるというのも鶯谷の大きな特徴でもあります。
そして、50代と比べた60代や70代の魅力とはスタイルのレベルの高さだと思われます。
スレンダーなり、豊満グラマーなりの特徴が際立ち、希少価値体型の宝庫ともいえるのです。
最後に、プレイ内容はその女性次第というのが本音のところになります。
痴女系でガンガン攻めてくるタイプもいれば、優しく洗ってくれてまったりプレイする女性もいます。
どちらかといえば後者のようなまったりと優しい系の女性の人気が高く、母子プレイ的なものに憧れが強い男性であれば確実に欲求は満たされてくるはずです。

超熟女にはまる理由

信じられない人も中にはいるかもしれませんが、今の風俗業界には60代や70代といったかなり超熟女と呼ばれる女性が風俗嬢として働いています。40代や50代ならまだしも、60代以上となればプレイすること自体に抵抗が生まれるものだと思われます。
ですが、中には熟女マニアと呼ばれる男性も多く、40代や50代からさらに進化をし、60代や70代の風俗嬢にはまってしまう男性も少なくはないのです。そもそも、そういったおばあちゃんと呼ばれるほどの高齢の風俗嬢にはまってしまう理由にはどういったものがあるのか気になるところでもあります。

 
ちなみに、超熟女の聖地と呼ばれるのは東京の「鶯谷」になるようで、「鶯谷」にはそういった超熟女専門の風俗店が多く存在しているのです。そして、鶯谷には無料の案内所もあってすんなりと超熟女専門の風俗店は見つかります。店舗型のお店というより、ホテヘルやデリヘルが多いというのも超熟女専門の特徴にもなります。肝心のプレイ内容なのですが、基本的に60代以上ともなれば歯は総入れ歯ということになるのですが、この総入れ歯をはずした「歯茎フェラチオ」が相当気持ちが良いのです。この「歯茎フェラチオ」というのは超熟女専門でしか絶対に味わえないもので、それがはまってしまう最大の理由になってくるのです。そして、次にローションを使った素股も普段は味わえない光景になってきます。

 
基本的に上に乗ってくる女性というのは想像ができる範囲の年齢層になるのですが、これがおばあちゃんの歳のほどの人がエッチなプレイをしているという光景がまた何とも言えない感情でもあるのです。
基本的に、ホテヘルやデリヘルというのは本番行為が一切禁止されています。ですが、超熟女の女性ともなれば本番も何もないようで、普通にそのまま本番行為へと移る確立が高いのです。病気という点では少し懸念材料はありますが、もちろん生で挿入して、もちろんそのまま中に射精もできるのです。相手は60代以上ということもあり、妊娠なども一切考えなくていいのである意味なんでもあり感が半端ないということになります。風俗店で味わいたいことが何でも叶えられるというのが、ひょっとすれば超熟女専門店の最大の魅力になるのかもしれません。
見た目や肌質などは本当におばあちゃんそのものなのですが、そこさえクリアできればプレイ内容に関しては何の言い分もないと思われます。それがはまってしまう男性の大いなる言い分ではないでしょうか。

熟女デリヘル

ここ最近、アダルトビデオでも熟女モノが人気があると同時に、風俗店にも熟女専門の風俗店が大いに賑わっています。その中に、熟女専門のデリヘル店も人気の業種の一つとなっているのです。とはいえ、本当に熟女好きなら何の抵抗もなくお店を利用することができるのでしょうが、一回ぐらい経験でという感じのノリの人であればそう簡単に手を出しづらい業種の一つでもあるはずです。そもそも、熟女専門のデリヘルの主な年代というのは知っておきたいところだと思われます。もちろん、デリヘルを含め風俗店で熟女といわれたらどれくらいの年齢を想像するかは人それぞれ違ってくることでしょう。一般的に熟女といわれる中心的な年代は50~60代になるのですが、正直なところ風俗業界での熟女は40代から始まるとされています。なぜ世間とのズレがあるかというと、風俗嬢は10代や20代などの若い世代が一番多く需要も供給も多いため、そこから少し外れると年上のお姉さんになるからなのです。

 
ちょうど30代がお姉さん世代になってもちろんまだまだ若いため通常のデリヘルで働く女性が多いのですが、若い女性たちとは少し違う人妻デリヘル店で働き始める女性もいるのが現実になります。その上の40代は、お姉さんとおばさんのちょうど中間地点で若々しく見えても身体とも人間性も完全に熟しているということから熟女のカテゴリーに含まれてくるのです。そこで、熟女の魅力には年代や身体だけでなく、男性が安心するような包容力を持っていることになってきます。普段は大人として人を支えていく側の男性も熟女の前だけでは甘えられるというわけで、熟女デリヘルの初心者はこの40代を選ぶことが多いとされているのです。反対に、最高齢だと70代や80代もいますが、この年齢になってくれば完全に熟女マニアか玄人向けになるので初めは注意が必要になるかもしれません。ちなみに、若い女性とのプレイは内容も流れも分かりやすく、イチャイチャしてお互いに攻めあったり女性に攻めてもらう時間がちょっと長くなったりと、ちょっとした違いこそあれど普通のエッチの流れと同じになります。

 
熟女専門のデリヘルが一般的なデリヘルと違うのは、相手が熟女ということだけなのですが、その違いがプレイ内容の違いにも関係してくるのです。たとえば、「何でもしてくれる」や「年上だから恥ずかしくない」という言葉はよく耳にすることになるはずです。どうしても相手が自分と同年代の女性だと妙に恥ずかしく、本当にしたいプレイを好きなだけお願いするというのはためらわれます。ですが、それが熟女だととりあえず何でもお願いしてみることができたり、テクニックもあるから性的な満足度が高いというものなのです。これが熟女専門のデリヘルの人気が高い最大の理由になってくるのです。

超熟女風俗

風俗店で働く女性の年齢に一番多いとされているのは、やはり20代~30代にかけての女性が多く働いているというのが常識のように思えます。よほどのマニアでない限り、基本的にこれぐらいの女性に相手してもらいたいと考える男性も多いはずです。ですが、アダルトビデオでも熟女モノというものがあるように、風俗店にも熟女専門の風俗店が多くなっているのも事実なのです。しかも、これがそこそこ人気があるというのも事実になってきます。今は高齢化社会といわれていますので、自ずと働く側の女性も利用する側の男性も年齢が高くなってくるのは否めません。そういったこともあり、熟女専門の風俗店の需要も高くなってきているということになってくるのです。

 

そこで、熟女と一言でいってもそこには限度というものがあります。40代、さらにいっても50代というのが熟女専門の風俗店で働く女性のイメージになるかと思われます。ちなみに、熟女専門となれば上記の年齢層が一番多くなってくるのですが、中には60代を超える女性も中には存在してくるのです。そして、年々進行する男性客の高齢化に対応する形で、在籍する女性が60代を超える「超熟女風俗」というものも増加傾向にあるのです。超熟女風俗の中には、70代や80代を超える元気なおばあちゃんも働いているといわれています。これらの業種の多くは、ほとんどが待ち合わせ型のデリヘルとなってきます。こういったお店を利用する客層の中心は年金や生活保護を受けるシルバー男性が多く、コスプレに関しても古き良き昭和をイメージさせる「割ぽう着」のリクエストが多いとされているのです。料金に関していえば、10000円前後と一般の風俗店に比べれば少しリーズナブルになっているのも特徴の一つかもしれません。また、在籍している女性の中には旦那に先立たれてしまい、夜が寂しいという理由から働き出す女性が多いと聞きます。

 

お金とは無関係に、人恋しさと自分自身の楽しみで仕事をしているということも多く、サービス内容に関しても相当良いという印象を受ける人も多いようです。そういった理由もあり、いわゆる熟女好きな若い男性客の利用も当然のように存在してきます。
子どものころからおばあちゃんっ子で、そのおばあちゃんとの思い出を懐かしむようにサービスを楽しむ若い男性もいることでしょう。
それと同じように、今ではおばあちゃん孝行ができないという理由もあってお店を訪れる男性も少なくはないのです。最後に、入れ歯をはずして歯茎だけで行うフェラチオが想像以上に気持ちが良いらしく、そのフェラチオの気持ち良さが忘れられず、そして病み付きになって足しげくお店に通う男性もいるようです。